模型飛行機三昧

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/7 フレッチャー FU24

<<   作成日時 : 2016/10/06 09:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この機体の製作途中で、ラジコン環境が変動しつつあることを実感しました。久しぶりに気持ち入れた取り組みなので、搭載するメカ類も悔いが残らぬようにメーカ品を使う計画でした。計画に沿い、必要なサーボと受信機を決めて発注したのですが、納期がかなり遅れるということでした。いつもの対応ペースと違うので、いやな予想が頭の中をかすめましたが、あり得ないと否定していました。
 だが、私の予感は当たっていたことが後で判りました。発注したメカは入ることになったのですが、まだもう少し先になる見通しです。主翼のサーボを搭載してからリード線を通し、そのあとでフィルム張りをするので、その途中工程でストップしています。
 というわけで、後回しにしていた工作を探し出すようにしてやりました。

 先ずは胴体のスケール感を少しでも高める工夫ですが、やり方によっては台無しにすることも・・・・
 実機の風防のすぐ後ろには、空中から散布する農薬・肥料の積み込みハッチがあります。これも、機体によりさまざまですが、代表的なマンホール形状のハッチにしてみました。寸法は写真から割り出して、模型機の寸法で直径60mmとしました。この寸法に当てはまる筒状の軽量物をさがしたところ、ペンキの吹き付け缶のキャップがぴったりだったので利用しました。
 
画像


 胴体の左側面・中央に大きな窓付きドアを想像させる形が見えます。
 硬い紙をドア状に切り抜き、それらしく塗装して貼り付けました。
 
画像


 操縦席周りは米国機に多い機体内部色の若草色に・・・・
 メータパネルはもう少し先に、座席やパイロットの搭載に合わせてやります。
 
画像


 こうした中で、フィルムの白地に決別を決めました。ホワイトの地にオフホワイトを塗り重ねることにし、恐る恐るやってみました。何とかなりそうな感じです。
 
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1/7 フレッチャー FU24 模型飛行機三昧/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる