模型飛行機三昧

アクセスカウンタ

zoom RSS フィゼラー シュトルヒ の魅力

<<   作成日時 : 2006/06/30 16:51   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 20年ほど前、茨城でのことですが、我がクラブの飛行場に、スケール機で著名な若林茂さんがシュトルヒを携えて訪問してくれたことがありました。機体は、25クラスでしたが、スケール機としての出来栄えに圧倒されてただただ感嘆して見学した記憶があります。以来、私の心の中にあのようなシュトルヒを完成させて飛ばして楽しみたいという願望だけが残っていました。
 今年の春、仲間の酔龍亭亭主さんから衝撃的なメールが届きました。1/7のシュトルヒが生地完成になり、初飛行へのカウントダウンも始まったというのです。画像も添付されていましたが、凄い迫力が伝わってきました。羨ましさからちょっとがっくりしているところに、仲間のFOXさんから、1/7シュトルヒのキットが眠っているので、それを私に譲ってくれるという願ってもない連絡をもらいました。当時はバッファローを製作中でしたが、以来合間を見てはシュトルヒのプラモを捜し歩き、ヤフオクに出品されていた ハセガワの1/32シュトルヒを落札して入手しました。シュトルヒの構造や仕上げ色を調べるためですが、特にキャビンと主翼の取り付けなどの実機構造を把握しておくことが必要でした。
 バッファローが完成すると間もなく、シュトルヒのプラモの組み立てからスタートしました。キャビンと内部構造は大いに勉強になりました。問題はどうやって1/7のスケール機に生かすかです。この部分はシュトルヒを表現する大切な部分です。
 
画像

 
画像

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィゼラー シュトルヒ の魅力 模型飛行機三昧/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる