模型飛行機三昧

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/7フレッチャー FU24

<<   作成日時 : 2016/10/19 09:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 スライドキャノピーの工作です。最大の難関は大きい球形キャノピーの成型でしたが、何とかクリアーできていたので、いよいよ胴体キヤビン部分に取り付ける工作です。実は私はスライド式キャノピーにトライするのは初めてです。ですから楽しみでもありました。今までに取り組まなかった要因は、適切なスライドレールが手に入らなかったことと、模型のスライド式キヤノピーに興味が向かなかったことによります。
 以前、エルクーペのショートキットを米国から入手したときのついでに、スライドレールのセットを購入してありました。いつか必要になるかもしれないとの思いがありました。今回のFU24では、バッテリーハッチとして機首上部を外すときに、キャノピーは後方にスライドさせてから行う構想です。そのためスライド式キャノピーは必須課題になっていました。スライドレールの取り付け工作は胴体のプランク工作時に済ませてありました。

 先ずは、スライドする部分のキャノピーを仕上げます。窓枠は1mmの発泡エンビ板から切り出しますが、三日月状の短冊にしないとフィットしません。フィットする型紙を作り、それを確認してからエンビ板に移しとり切り出します。これを球形のキャノピーに貼り付けました。
 
画像

 貼り付けるときに窓を汚さないように気を付けますが、神経を使いなかなか大変です。
 
画像

 何とか汚さずに。接着の甘い部分は瞬着で補います。このときも垂れないように少量で。
 
画像


 ガイドボールの取り付け。スライドレールのセット付属品です。これをキヤノピーの四方に位置決めして取り付けました。
 
画像


 
画像


 キャノピーをスライドレールに差し込み、適度な滑かさで動くように勘合を調整。
 
画像

 
画像


 バッテリーハッチを取り付けて・・・・ スライド機能をチェック
 
画像

 
画像


 キャノピー天井部分を白色で塗装
 
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1/7フレッチャー FU24 模型飛行機三昧/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる