模型飛行機三昧

アクセスカウンタ

zoom RSS ホーカーハンターのスロープ機構想

<<   作成日時 : 2006/02/18 17:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ジェット戦闘機モデルはとても美しいのですが、普通のモデラーが模型化して飛ばすには困難な課題が付きまといます。私が惹かれるのは、ミグ15やF86などが現れた頃の草分け的な戦闘機です。ホーカーハンターも前二者を追いかけるように世に出てきました。これが発表されたとき、英国民は世界で一番美しい戦闘機と言って自慢して誇ったそうです。確かにとても美しく、どこから見ても素晴らしい造形美に満ちていると思います。
 この戦闘機の画像を見るに付け、模型化して飛ばせたらという思いがありました。昨年スロープで自作のMINI GALLA(日記:http://g3-minimoa.at.webry.info/200505/article_9.html)を飛ばしてから、その思いは一層強くなり、ホーカーハンターをスロープ機に仕立ててみたいと構想を練るようになりました。
 先ずは、実機の形を認識するために、1/48スケールのプラモデルを入手しました。そして外形が検討できるところまで組み立ててみました。画像はそのプラモデルの外観です。
 
画像

 この機体をスロープ機にするときに解決しなければならない課題は後退角がついたエルロンとエレベータの操舵方法です。エルロンの方は、胴体内にサーボを置いてコネクチングロッドで動かすことができますが、エレベータはそのような造作を作りこむスペースがありません。一つのサーボで操舵するためには、エレベータの形をスケールにこだわらずにまとめるしかありません。また、エンジンの吸気口は、この形を残すと大きな抵抗になってしまうので、省略することになるでしょう。完全なスケールから離れて、シルエットによってホーカハンターだと判る、そのような方向になるように思います。ジェット戦闘機のシルエットをまとったスロープグライダーというわけです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホーカーハンターのスロープ機構想 模型飛行機三昧/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる